http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

なぜ今、リスクマネジメントなのか!

0
     事業におけるリスクは「業績」に大きく左右されます。

    ・「業績」が良い場合は → 見かけ上、リスクは減少します。
                                   (ポジティブな情報がネガティブな情報を包み隠す、マスキング効果が生まれる)
    ・「業績」が悪い場合は → リスクは増加します。

    下記は企業がおかれている事業状況の一例です。
     (A) 生産/製造   →  国内から、海外(OEM・ODM)へ
     (B) 従業員       →  正社員から、外注、委託、派遣、パート、アルバイトへ
     (C) 雇用          →  終身雇用の壊滅(早期退職)へ
     (D) 人事制度    →  年功序列の廃止から、能力/成果主義へ

     多くの場合、事業持続の為に、コスト削減(利益確保)目的で行われますが、その弊害として新たなリスクが生まれます。

      (A)は、「品質の悪化リスク」や「生産/製造技術や管理ノウハウの流出リスク」
           が予測される。
           特に品質悪化では、欠陥品や傾向性のある不具合品が高い確率で発生
           すると思われ、その製品が市場に流出した場合は、告知と回収/改修が
           必要となります。         

      (B)は、従業員の管理リスク (派遣社員の場合は直接コントロールが出来ないリスクが生まれます)
           いろんな形態の従業員が集まれば、不平(不満・不服)が生まれ、働く意欲が低下
           し、多くの問題を生む要因となります。
           その代表的なリスクが、情報の漏えい(個人情報や機密情報)です。

      (C)(D)は、「雇用不安」と「過度な企業内格差」により、モラルハザードが起きる
              リスクが高ります。
              2012年も”モラルハザード”が要因と思われる数多くの問題が発生しました。

               
      2012年に起きた代表的なモラルハザード事案

      ≪インサイダー問題≫ 日本を代表する複数の大手証券会社で長期にわたり行っていたことが発覚

               ・企業の増資/TOB情報を知り得る立場を利用し、
                未公開情報を特定の顧客に伝える。
                
              なぜこのような問題が発生したのだろか?....  深堀してみて下さい、背景が見えてきます。
            
     上記は一例でしたが業績が悪化した場合、リスクが増加することが認識できたと思います。


    また、上記(A)〜(D)のどれかに該当する場合、「何だかのリスク対策が必要です」 そのまま放置すると近い将来、必ず問題が発生します。

    リスクマネジメントとは その2

    0
       リスク管理の3大基本要素について
      『 何がリスクに  将来を正しく予測する  意識する』は、優先順位が高い順番になっています。

       _燭リスクに (最も重要な要素です) 

      リスク管理をしたくても、どのようなリスクが存在しているか把握できていなければ管理することはできません。 まずはリスクの棚卸作業から始めましょう!

      棚卸作業を始めたらすぐに気が付くことがあるはずです。
       (a) 数個のリスクしか把握できない... ずいぶん少ないな、これで良いのかな?
       (b) 数十個のリスク(中には数百個の場合も)が把握できた... 多くて管理ができるかな?

       ※あたりまえですが、事業内容や事業規模によってリスクの数は異なりなす.
            個人で行っています私のコンサルティング事業でも20個くらいのリスクが存在します。

      この(a)と(b)の違いはリスクマネジメントの「知識と経験/体験」です、言い換えればリスクマネジメント力(りょく)の差が表れたものです。
      10個のリスク管理と100個のリスク管理では「リスクの未然防止やリスク損失の軽減」に対する効果は大きく違ってきます。 知識や経験/体験はとても重要です。

      ん 〜 ... ”知識や経験/体験が無い” と悲観することはありません、
        ・知識は → 文献などで吸収することが可能です(REPs cosul BLOGでも多くの情報お伝えします)
        ・経験/体験は → 簡単には出来ませんが方法はあります

      次回の 「リスクマネジメントとは」 は、経験/体験の方法についてお伝えいたします。


      リスクマネジメントとは

      0
        REPsコンサルティングのリスクマネジメントとは、事業を持続するために必要な危険因子を予め予測し、その当該因子をコントロールすることで「リスクの未然防止」や「リスク損失の軽減」を目指したマネジメントです。
        ご覧いただいています”REPs consul BLOG”を介してリスクマネジメントに対する考えや手法をお伝えしたいと考えております。

        最初に、リスクを管理するのに重要な基本要素が3つあります。

        【リスク管理の3大基本要素】
          _燭リスクに
         ◆‐来を正しく予測する
          意識する

        上記の基本要素が会得できれば、リスク管理全体の約半分を理解することができたとも言えます、住宅の建築に例えると基礎工事にあたる部分です。
        この基本要素は大企業・中小企業・個人事業や行政機関...等、業種や業態に関係なく使えます。

        基礎工事に例えましたが、地盤も重要で軟弱な場合は地盤の改良工事が必要です。
        地盤を企業で言うと”リスクマネジメントの文化”です、軟弱な場合は新たに文化を作ることも必要となります。
        3大基本要素の内容については次の機会にお伝えいたします。


        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>

        REPs consul 西野 泰広

        repsBLOG1.jpg

        REPs Consultig HomePage

        ホームページにリンク
        URL:http://www.reps-consul.com/

        相談&問い合わせ メール
        blog.nishino■reps-consul.com

        注意) 表記のメールアドレスは迷惑メール対策を行っております。 アドレス■には@を入れて送信ください。


        相談サービス
        「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


        REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
        ワンタイムサポート 中小企業のCSM

        コラムにリンク  ⇩

        パールハーバーPD

         ブログランキングにご協力ください。

        ANALYZE

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
          kakauなかじま
        • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
          みや

        links

        profile

        書いた記事数:103 最後に更新した日:2018/04/13

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM