http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

「不祥事管理の教本」 未然防止の本質(6th)

0

    不祥事の未然防止は、不祥事に至る「原因」や「要因」を取り除くことです。

    突然の「〇〇行動」には、少なくとも3つ以上の要因がある!

     

    長年働いてきた会社員が、突然「会社を辞める」と言ってきた。

    長年勤めてきた教師が、突然「学校/塾を辞める」と言ってきた。

    順調に成長してきたタレントが、突然「芸能界を引退する」と言ってきた。

    長年つれそった妻が、突然「離婚したい」と言ってきた。

     

    このような「突然〇〇を行う行動」 周りの人には突発的な行動に感じますが、当人は突然とは考えていません。

    長い時間をかけ思い悩んで出した答えだからです。

    「辞めるか」「留まるか」で心が揺らぐ時期が必ずあります。

    この時期に、行動を駆り立てる新たな要素が加わることで上記の行動に至ることになります。

     

    その行動に至るには必ず ”3つ以上の要因” が隠れています。

    違った表現をすれば、「1つの要因だけでは行動は起こらない」と言えます。

    ※ 稀に、入社まもない、デビューまもない、新任教師、新婚... などで、1つの要因でも行動が起こることもありますが少数です。

     

    ある要因とある要因に更に新たな要素が加わった。

    このような時に、行動が起こるのです。

    (我慢の限界を超えた時です)

     

    当事者にしか分からないと思われるその要因ですが、

    その行動が起こる前に必ず身近な方になんだかのメッセージを発しています。

     

     〈行動に至る主な要因(悩み)〉

     (a)収入が少ない(衣食住の不安)

     (b)仕事がきつい(健康障害、睡眠障害など安全/安心不安)

     (c)人間関係がよくない(協調性不安)

     (d)上司が嫌い(恐怖と不快な思い)

     (e)孤独である(親和欲求の不安)

     (g)信頼できる人がいない(組織社会適合不安)

     (h)目指すものが違う(価値観の不満)

     (k)社風が合わない(束縛不満)

     (n)能力が発揮できない(承認欲求の不満)

     (o)将来の展望が見えない(自己実現欲求の不満)

    これらが主な要因ですが、この逆は満たされたい欲求で ”モチベーション” や ”人間の本能的欲求” です。

    (マズローの欲求5段階説とほぼ同じです)

     

    これらの「行動に至る要因(悩み)」に事前に気づくことが出来れば、対応策も見えてきます。

     社員に突然会社を辞められたら

     教師に突然学校/塾を辞められたら

     タレントに突然引退されたら

     妻に突然離婚をされたら

    誰もが困り、周りの方に多大な迷惑や心配をかけることになります。

     

    大企業や教職員は欠員の補充は容易ですが、「中小企業」や「塾」や「事務所(プロダクション)」であれば大きな損失が起こりますので防がなければなりません。

    しかし、誰も「当人の悩み」に気づかなければなにも出来ません。

     

    では、どうすれば「悩み」に気づくことが出来るのでしょうか。

    この答え、誰もが認識している ”現在社会が抱える課題” でもあります... 

     

    その答えとは、コミュニケーションです。

    ・部下と上司、社員どうしの

    ・教師と学校/塾、教師と生徒の

    ・タレントとマネージャーと事務所の

    ・妻と夫や家族の

    このコミュニケーション不足が問題を引き起こしているのです。

    コミュニケーションが円滑に行われていれば、多くの場合「行動に至る要因(悩み)」に事前に気づくことが出来たはずです。

     

    コミュニケーションは人間関係を築くために、誰もが重要と考えています。

    それなのに、なぜうまくコミュニケーションが取れないのでしょうか。

    これは「社会人」としても「組織」としても大きなリスクになります。

     

    昨年行われた800人の ”人とのコミュニケーション調査” で、7割の方が苦手だと答えています。

    (20代・30代・40代・50代の男女:各100名)出典:株式会社ネオマーケティング

     

    この最大の原因は会話の機会が減り、会話時間が少なくなったからです。

    会社での連絡や指示はメールで、友達とはLINEで、家に帰れば個々に過ごす、会話の必要性が減少し会話力が低下し、会話が苦手になったのです。

     

    そのため、上司や目上の方との会話では「緊張し言葉に詰まり、長く会話が続かない」、「会話の話題がない」「雑談ができない」このような状況が起こっています。

    だから会話はしたくない... これは負のスパイラルです。

     

    この状況を改善するには、上司や目上の方が歩み寄るしかありません。

    (会話の訓練をさせることが必要)

    しかし上司の方は、

     なぜ私から話しかけなけれ... 私は忙しんだ... このように考えているはずです。

    だからコミュニケーション不足となり「突然の ”やめたい” 行動」 が起こるのです。

     

     

    まずは、上司や目上の方が、改善しようと行動しなければ変わりません。

    会話の時間を作り ”双方の思い” を伝え理解しなければ、改善策は生まれません。

    思いを伝えることは容易ではありません、だから訓練が必要となります。

     

     

    一昨年に電通の女子社員がクリスマスの日に突然自殺する事件がありました。

    この事件、過労からくるストレスで精神疾患を起こし自殺に至ったと伝えられています。

    私は、上司や同僚との円滑なコミュニケーションがとれていれば防げたと考えています。

     

    そして私は、コミュニケーション不足の多くは上司に問題があると思います。

    部下に対し常に高圧的や威圧的な態度で接すれば、部下がどのような精神状態に追い込まれるか容易に想像がつくはずです......

    コミュニケーション不足に至る要因は、上司や目上の方にあるのです。

     

    考えを改め、行動を変えなければ「突然の ”やめたい” 行動」はなくなりません。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    REPs consul 西野 泰広

    repsBLOG1.jpg

    REPs Consultig HomePage

    ホームページにリンク
    URL:http://www.reps-consul.com/

    相談&問い合わせ メール
    blog.nishino■reps-consul.com

    注意) 表記のメールアドレスは迷惑メールの対策のために ”■” の表示をしています。 表記のアドレスに送信される場合は ■ を @ に変更し送信ください。


    相談サービス
    「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


    REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
    ワンタイムサポート 中小企業のCSM

    コラムにリンク  ⇩

    パールハーバーPD


     ランキングUPにご協力をお願いします。

     記事の内容に共感されましたら下記バナーのクリックをお願いいたします。👇


    人気ブログランキング

    ANALYZE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 不正・不祥事 と 「経営者の心に取りつく呪縛」
      nanimono
    • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
      kakauなかじま
    • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
      みや

    links

    profile

    書いた記事数:127 最後に更新した日:2020/06/25

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM