http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

災害時の避難行動は「正常性バイアス」がキーワード

0

    7月上旬に西日本を襲った豪雨(西日本豪雨)では死者が200人を超え、いまだ多くの行方不明者の捜索が続けられています。

    なぜこのように多くの方が犠牲になったのか......

     それは、避難するタイミングが遅れたからです。

     

    今回は、災害に直面した場合に起こり、避難の ”タイミングを遅らす” 「人の心理」と「その対応」についてお伝えします。

    この心理は災害だけでなく、下記のような危機的な状況に直面すれば必ず起こります。

     

    日本に住む、あなたは多くの危険に取り囲まれています。

    日本のいたるところで起こる「自然災害」

     ・豪雨による河川の氾濫や山崩れ

     ・台風による高波や地震による津波

     ・火山噴火による火砕流、溶岩流、噴石など

     ・悪天候による山での遭難 

     ・地吹雪や暴風雪によるホワイトアウト

     など......

    企業の経営陣であれば、必ず社内で起こる「人災」

     ・不正や不祥事

     ・感染症によるパンデミック

     など...... 

     

    上記は、日本のどこで起こっても不思議ではありません。

    いや、毎年必ず起こるといってもいいくらいです。

    だから毎年 ”誰かが遭遇” しています。

     (明日は、あなたが遭遇するかもしれません)

     

    そして、上記のような危機的状況に直面すれば

    誰もが、心の奥に秘めた「正常性バイアス」が働きます。

     なぜなら正常性バイアスとは、人が持つ心理だからです。

    そしてこの心理、日本人には特に強く働く傾向があります。

     

    この正常性バイアスをコントロールすることができれば、危機的状況から ”逃れられる” 可能性が大幅に向上します。

    私も使っている ”正常性バイアスのコントロール方法” は......

     

    その前に、正常性バイアスとは、

    「バイアス」は偏見や先入観で、上記のような危機的状況が目の前で起こっても平常心を保とうとするように働きます。 なんの根拠もないのに ”まだ大丈夫だから” このような言葉、よく耳にしますでしょう。

    根拠のない安心感が正常性バイアスで、災害心理学や社会心理学でよく使用される言葉です。

     

    もう少し具体的に説明します。

    ・豪雨による河川の氾濫や山崩れでは。 

      この程度であれば、まだ大丈夫。今まで氾濫したことはない。崩れたことはない。

    ・台風による高波や地震による津波では。

      ここまで波が来ることはない。過去にもなかった。堤防があるから大丈夫。

    ・火山噴火による火砕流、溶岩流、噴石などでは。

      直ぐに収まるだろう。この程度であれば大丈夫。

    ・悪天候による山での遭難では。

      このまま進めば大丈夫だ。あの尾根まで行けば何とかなる。

    ・不正や不祥事では。

      我が社は大丈夫。この程度であれば乗り切れる。ネガティブな状況は直ぐに終息する。

     

    このように、

    自分たちにとって都合の良い情報だけで判断し、行動を起こさいことを正当化する理由を多く探すのです。

    この結果、多くの場合で「決断するタイミングが、遅れる/逃す」ことになるのです。

    (これが、取り返しのつかない事態を招くことになった要因の一つになります。)

    そして、”あの時に勇気をもって決断をしておけばよかった” と後悔をします。

    これが「正常性バイアス」の正体で、人間の心理から起こる ”ちゅうちょ行動” です。

     

    ご覧の皆様にお聞きします。

    関東では「首都直下型地震」、西日本では「東海地震、東南海地震、南海地震」が、”いつ起きても不思議ではない” と言われています。このことは皆様もご存じのはずです。

    しかし、”明日来る” とは誰も思ってはいません。

    (私も思っていません)

     

    「いつ起きても不思議ではない」と思っていながら、「明日来るとは思ってはいない」のです。

     (正確には ”思わない” のではなく、「思いたくない」です。)

    そのため、地震に対する備えもおろそかな状況で、容易にできる備えすら行っていないのが現状です。(ある損保会社の2017年の調査では、備えを「何もしていない方が:全体の25%」もいました。)

     ・すぐには来ないだろう

     ・小規模な地震の頻発で、大地震のエネルギーは放出されているはず

     ・震度6であれば、我が家は大丈夫だ

      (自宅は大丈夫でも、ライフラインは壊滅しますよ)

    このように思われているのではありませんか。

    これも、正常性バイアスが働いているからです。

     

     

    ■正常性バイアスの対処法

    正常性バイアスは人間の心理であるため、なくすことはできませんが、この心理を軽減させる方法はあります。

     

    その方法は、知識と意識です。

    「知識を学び」「その知識を強く意識」すれば、「行動を変える」ことができます。

     

    その知識とは、

    (a)人は危機的な状況に直面すれば、正常性バイアスが働く

    (b)自分にとって都合の良い情報だけで判断する

    (c)適切な行動を学び訓練する

    この a,b,c の知識を強く意識すれば、自然と行動を変えることができるようになります。

     

     これを裏返せば、

     「人は知識と意識がなければ行動に移せない」ということです。

     

    私が企業の危機管理で使うのは、

    (a)は、認識することです。

    (b)は、「その情報の合理的な根拠」は何? (根拠を意識することです)

       危機的な状況に直面した時は、合理的な根拠があるのか自問自答してください。

     

    (c)は、あるべき行動で「こうなれば、こう行動する」です。

       危機的な状況ですので、決断に要する時間は限られます。

       あるべき行動を知っていれば、短時間で適切な決断と行動が行えます。

     

    そして下記は、私が常に使用する危機管理のキーワードです。 

     「知識」がなければ「意識」は生まれない。
     「意識」をしなければ「知識」は生かせない。
      知識と意識がなければ「行動」は生まれない。

     

     

    先日、西日本で起こったような豪雨災害は、

    「知識と意識のレベル差」で犠牲者の数が大きく違っています。

     (過去に豪雨災害に見舞われた地区と、そうでない地区との違いです。)

    これは過去の教訓が、行政や住民の知識と意識レベルを大きく向上させたからです。

    「人は知識と意識がなければ行動に移せない」ことを認識すれば、正常性バイアスは軽減できます。

     

     

    <関連記事>

    所属するプロダクションのコラムに、

    災害時の避難行動に関する記事を掲載しましたのでご覧ください。

    記事タイトル: 西日本豪雨、被害の多くは「人災」?

         URL→ http://sekaitv.com/nishino/?p=191


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    REPs consul 西野 泰広

    repsBLOG1.jpg

    REPs Consultig HomePage

    ホームページにリンク
    URL:http://www.reps-consul.com/

    相談&問い合わせ メール
    blog.nishino■reps-consul.com

    注意) 表記のメールアドレスは迷惑メール対策を行っております。 アドレス■には@を入れて送信ください。


    相談サービス
    「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


    REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
    ワンタイムサポート 中小企業のCSM

    コラムにリンク  ⇩

    パールハーバーPD


     ランキングUPにご協力をお願いします。

     記事の内容に共感されましたら、下記

     バナーのクリックをお願いいたします。
    人気ブログランキング

    ANALYZE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 不正・不祥事 と 「経営者の心に取りつく呪縛」
      nanimono
    • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
      kakauなかじま
    • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
      みや

    links

    profile

    書いた記事数:111 最後に更新した日:2018/10/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM