http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

ピラミッド型の組織では、「忖度」あるのが当たり前

0

    安倍首相は ”モリカケ問題(森友学園・加計学園問題)” に対し、何度となく「忖度など無かった」とコメントをしていますが、忖度は安倍首相がするのではなく、相手側がするものです。

     

    忖度の語源は、中国の古い言葉で「相手の心を推し量る」と辞書に書かれています。

    これを今の社会状況にあてはめれば、「相手の強い思いを推し量り、その思いに沿った行動をとる」となり、”相手が自らの感性で感じ取り、その思いに沿った行動を起こす” ことです。

     

    だから ”忖度など無かった” と言えるのは安倍首相ではなく、その相手方が発する言葉のはずです。

     

    なのに、安倍首相は国会で「忖度など働く余地はまったく無かった」と答えました。

    ・森友学園の学校建設のために「国有地の売却を格安でお願いしたい」との籠池前理事長の強い思い

      昭恵夫人と強い繋がりを持つ籠池前理事長からの要望

    ・加計学園の理科大学獣医学部新設を、「国家戦略特区に認めて欲しい」との加計理事長の強い思い

      旧知の仲である加計理事長からの要望

     

    この二人の理事長の強い思いに安倍首相は

    ・財務省の大臣や官僚の決断(国有地の売却を格安で行った行為)

    ・文科省の大臣や官僚の決断(獣医学部新設を認めた行為)

    ”この決断に、国会で「忖度など無かった」と代弁した”。 私はこのように感じました。

     もし二人の理事長の強い思いに対し、安倍首相が忖度したのであれば、これは忖度ではなく「関与」です。

     

    なぜ安倍首相が ”忖度など無かったと言い切れるのか”

    ここに「やましい思い」を感じます。

    (この ”やましさ” が不信感に変わり、内閣支持率は大きく低下したのでは... )

     

     

    日本の官僚制はヒエラルキー(位階、階層)構造を持つピラミッド型のシステムで、

    (日本企業も同様です)

    ・上意下達の指揮命令系統を持ち
    ・組織への貢献度に応じて地位、報償が与えられる

    特徴があります。(ウィキペディアより抜粋)

    更に、日本人の美徳な心性である「おもてなしの心(気遣い、気配り、目配り、空気を読む)」が加わった組織文化で形成されています。

     

    このような組織体においては、「忖度あるのが当たり前」です。

    では、忖度は「美徳」なのか、それとも「悪の根源」なのか......

     

     

    この答は、

    「美徳にもなる」し「悪の根源にもなる」、これが忖度が持つ特質です。

     

    日本のピラミッド型組織では、「権力者の強い思いを推し量り、指示されなくても、その思いに沿った行動をとる」のが優秀なスタッフの振る舞いだと言われています。

    (権力者はそう願っています)

     

    そして権力を持たない者は、

    ”権力者の意に反することをすれば左遷される” この懸念と、”優秀なスタッフとの評価を得たい” 思いが相交わり「忖度」が組織的文化として根付いたのです。

     

    ”人は他人から認められたいという思いがあり” これは人間の心理です。

    その中でも、権力者から認められたいとの思いは強く働きます。

    ・上司の意向を推し量り(忖度)

    ・指示されなくても、率先して行動する

    ・そして上司の描いた成果を上げる

    このような行動に、「忖度=悪」はありません。

     

     

    「忖度」が悪に変化する

    ”権力者の恐怖におののき、過剰に反応する” このとき、忖度は悪になるのです。

     

    では、この時「権力者の何に」恐れるのでしょうか。

    これが解れば対処の仕方が見えてきます。

     ・

     ・

     ・

     

    権力者の最大の権力は「人事権と決済権」で、直接の関与がなくてもその影響力は大きいのです。

    (特に人事権は、処遇や待遇に直接影響するためスタッフの最大の関心事です)

    この権力が強ければ強いほど、権力者は「意に沿わない者を排除する」力学が自然と働きます。

    (自分の思うがままに事を進めたい、この思いが無意識に強くなるのです)

    そして、気が付けば ”権力者の周りはイエスマンばかり” このような状況です。

     

    権力者に ”意見が言える者が周りにいない” この状況が長く続けば... どうなると思いますか。

    ・権力は長く持ち続ければ腐敗します。

    ・監視されない権力も腐敗します。

     

    ”過剰な権力は必ず腐敗する” これが「悪の根源」になるのです。

     

    この悪の根源は、人事権と決裁権を弱めることで回避することが出来ます。

    だから ”権力を弱める” 工夫は有益であり欠かせません。

     

    ”組織的な不正を起こさない” このような組織は、この工夫が優れているのです。

     

    ピラミッド型の組織では、

    「力の強い者(権力者)の意向に、力の弱い者は配慮する」これは必然です。

    (だから「忖度」は、あるのが当たり前です

     

    忖度を無くすのではなく、”忖度はあるもの” これを前提に、

    「権力の適正化」と、不正や不祥事を起こさない「監視と管理が機能する仕組み」を構築することです。

     

     

    しかし、首相はなぜ「忖度」という言葉を使ったのでしょうか。

    なぜ「忖度など無かった」と言い切れたのでしょうか。

    私は、この真意がいまだに理解出来ません......


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    REPs consul 西野 泰広

    repsBLOG1.jpg

    REPs Consultig HomePage

    ホームページにリンク
    URL:http://www.reps-consul.com/

    相談&問い合わせ メール
    blog.nishino■reps-consul.com

    注意) 表記のメールアドレスは迷惑メール対策を行っております。 アドレス■には@を入れて送信ください。


    相談サービス
    「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


    REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
    ワンタイムサポート 中小企業のCSM

    コラムにリンク  ⇩

    パールハーバーPD

     ブログランキングにご協力ください。

    ANALYZE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
      kakauなかじま
    • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
      みや

    links

    profile

    書いた記事数:103 最後に更新した日:2018/04/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM