http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

日大アメフ部員の謝罪会見、この陰に「共感を得る告発」の凄技が隠れていた

0

     

    日大アメフット部のルールに反する悪質なタックル問題。

    テレビ各局は連日のようにこの問題を報道していますので、ここでは少し違った視点でこの事案と向き合いました。

     

    この問題は、悪質なタックルを受け負傷した関西学院大の選手が被害届を提出したことで、加害者は「傷害罪」、監督とコーチも共謀共同正犯に問われる可能性を秘めた事件となりました。

     

    この事件の最大の特徴は、

    加害者である日大アメフット部の部員がいち早く自らの意思で日本記者クラブに赴き、一人で「謝罪会見」を行ったことです。

    そこには日大関係者の姿はありません...  なぜ

     

    謝罪会見は、

    被害者への謝罪と、悪質なタックルに至った経緯を ”包み隠さず答える” この姿と誠実感に共感が得られた会見でした。

    監督とコーチは ”事実とは乖離している” と伝えるだけで、多くを語っていませんが......

     

    このアメフット部員の行動は、

    「自己の反省」「監督の行き過ぎた勝利至上主義の戒め」を込めた「内部告発」です。

    ルールに反する悪質な行為を強要する、アメフット監督とコーチを告発したのです 。

     

    この会見(内部告発)が、

    なぜ多くの方に共感を与えることになったのか。

    この会見の中に、共感を得る要素がギッシリと詰まっていました。

     

     その要素とは......

     

    一見すれば謝罪会見に見える、この内部告発会見。

    この要素は不正を暴く内部告発には欠かせないもので、この要素がなければ告発の有用性が失われます

     

    日本の現状は、内部告発者に冷たい社会です。 

    告発をすれば、

    ・在籍する組織の仲間からは褒められるどころか「裏切者」と呼ばれ、被疑者あつかいです。

     (嫌がらせを受け退職に至ることも少なくありません)

    ・法的にも守られることはなく、時間がたてば何処かに追いやられます。

     (公益通報者保護法がありますが、この法は不完全なため効力は極めて限定的です)

     

    先日起きた財務省事務次官による女性記者へのセクハラ事件、当該組織からは ”ハニートラップ” と中傷される。

    貴乃花親方は ”組織人としてあるまじき行為” と非難される。

    このようなバッシングを受けています。

     

    この現状下で不正の告発を行うのはとても勇気がいることです。

    だから、その勇気が不正を正すことにつながらなければ意味がありません。

     

    勇気を意味のあるものにするには、

    社会(世論)を味方につけることが欠かせません、

    社会が共感し告発者を支持する、こうならなければ当該組織は行動を改めることはありません。

     なぜなら当該組織は改める必要性を感じていないからです。

     

     

    社会を味方につけるには! そのための要素は!

     

    (A)まずは、「組織の常識は、社会の非常識」このような構図がなければなりません。

      そうでなければ、社会の共感は得られません。

     

       日大アメフット部員の告発(謝罪会見)は、

       ・告発者の「常識」と、告発された監督・コーチの「非常識」

       ・告発者の「誠実感」と、告発された監督・コーチの「不誠実感」

       この対比が鮮明でした。だから共感が得られたのです。

     

     

    (B)メディアを味方につける

      社会(世論)を味方につけるには、広く社会に訴えなければなりません。

      これはメディアを活用するしかありません。(そのための記者会見です)

      しかしながら、メディアの方々は非常に厳しい目を持っています。

      (下心はすぐに見抜かれてしまいます)

      まずは、メディアの方々から評価されなければなりません。

     

      上手な会見を行う必要はありません。

       (上手な会見=評価とはなりませんので)

     

     記者が評価する主なポイントは下記です

     1) 会見の目的を明確に伝える

       ここには重要な要素が2つあります

       ・組織に対し何度か改善を訴えたが、改善行動は起きなかった

       ・将来大きな社会問題を引き起こす、組織の一員としてこの回避が必要と考えた

     2) 客観的で信ぴょう性の高いエビデンス

     3) 記者の質問には、自分の言葉で実直にこたえる

     4) 終始一貫性があり矛盾がないこと

       (真実を話せば内容に矛盾など起きない。記者はこのような目で見ています)

     5) 記者の質問を途中で打ち切らない

       (途中で打ち切れば ”不都合なことが起きた” と記者は感じます)

     6) 退路を断って会見に臨む

       (もはや戻る所などない覚悟で臨めば、真剣さが記者に伝わります)

     

    このような要素が網羅されれば、社会(世論)を味方につけることが可能となります。

     

    ここで、日大アメフット部員の「謝罪会見」を思い起こしてください。

     この多くが含まれていました。

     だから共感を得ることが出来たのです。

     

    最後に、

     告発をすれば、告発側も何かを失うことになる、無傷ではいられない。

     そして ”何を失うかは” 事前に予見することは困難である。

    これは、告発に伴う特質です。 だから頭にとどめておいてください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    REPs consul 西野 泰広

    repsBLOG1.jpg

    REPs Consultig HomePage

    ホームページにリンク
    URL:http://www.reps-consul.com/

    相談&問い合わせ メール
    blog.nishino■reps-consul.com

    注意) 表記のメールアドレスは迷惑メール対策を行っております。 アドレス■には@を入れて送信ください。


    相談サービス
    「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


    REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
    ワンタイムサポート 中小企業のCSM

    コラムにリンク  ⇩

    パールハーバーPD

     ブログランキングにご協力ください。

    ANALYZE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
      kakauなかじま
    • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
      みや

    links

    profile

    書いた記事数:104 最後に更新した日:2018/05/31

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM