http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

上司から「不正の指示」をされた、あなたならどうする!

0

    リスクマネジメントの専門家がお伝えします。

    先日、山梨県山梨市長が人事担当の職員に対し、2017年春採用の市職員採用試験(1次試験のマークシート方式による教養試験)で複数の 「受験者の成績点数を水増するよう指示」 する不正が発覚し、市長は ”虚偽有印公文書作成と加重収賄容疑で逮捕” され8月13日に辞職しました。

     

    このような上司が部下に不正を強要する事件は数多く起こっています。

    その中には不正を実行した部下が共謀共同正犯に問われた事件もあります。

     

    不正の状況によっては「指示を行った上司」と「不正を実行した部下」とが同じ量刑になることもあると言うことです。

    上司の「指示に従っただけ」とか「業務命令だから拒否できなかった」などとの言い分はあるでしょうが...

     

     

    では、上司の「不正指示」に対し、あなたはどのような「備え」と「対処」を考えていますか。

    これは他人事ではありません。 いつあなたが当事者になるかわかりません。

     

    そして当事者になれば、様々な災難が降りかかってきます。

    この災難は突然訪れ、あなたの社会生活や価値観を狂わすだけでなく、家族にも大きな影響を与えることになります。

    だから「備え」と「対処」を考えておかなければ、ズルズルと不正の渦に引き込まれます。

     

     

    その前に、”上司はなぜあなたに不正の指示をしたのか” 考えてください。

    ”誰でもよかった” などと言うことはありません。そこには必ず理由があります。

     

    その理由、少し乱暴な表現をすれば、

    ・こいつであれば指示を拒否することはないだろう

    ・こいつであれば指示の拒否はできないはずだ

    上司はこのような「めぼし」を付けています。災難はこの時点から始まっているのです。

     

    そしてこの「めぼし」は、あなたの日ごろの行動に大きく関係しています。

    優柔不断な態度、信念や正義感の欠如... などが上司に見透かされています。

    だから常に「毅然とした態度」で業務に接しなければなりません。

    これが日ごろの「備え」になります。

     

     

    では、どのような「対処」をしなければならないか考えてみましょう。

     

    まず、考えるにあたり肝に銘じておかなければならないことがあります。

    それは、「不正は必ず発覚する」と言えます。隠し通せることなどありません。

    このことを踏まえて対処を考えてください。

     

    ▶ケース1:「部長や課長」から不正の指示を受けた

    この場合、まずは「個人的な不正」か「部/課レベルの不正」か「経営陣がかかわる組織的な不正」か見極めが必要になります。

     

    不正が「個人的」か「部/課のレベル」であれば、

     (経営陣がかかわる組織的な不正であれば、ケース2です)

    対処は ”不正の指示を示す証拠” と共に、「内部告発窓口」や「社長/役員」に告発してください。

     ※ 証拠がなければ告発を受けても組織としては動けません。証拠は必須です。

     

    まっとうな会社であれば懲罰委員会が開かれ会社の規定に基づく処分が上司に下されます。

     

     

    ▶ケース2:「社長や役員」から不正の指示を受けた

    この場合の対処はとても センシティブ で リスキー であり デリケート です。

     

    「社長や役員の個人的な不正」であれば上記同様の対処ですが、

    経営陣がかかわる「組織的な不正」であれば、対処は慎重に行わなければなりません。

    なぜなら、あなたの告発は「経営陣の不正を暴く内部告発」になるからです。

    (不正の内容によっては会社の存続に影響します)

     

    そして経営陣の不正であれば、適切な措置が行われるとは限りません。

    それどころか報復される可能性もあります。だからセンシティブでリスキーです。

     

     内部告発につきましては、本ブログ(2016/12/9)の下記タイトル記事をご覧ください。

     ここにケース2に関する対処も書かれています。

      「上司の不正」を見つけてしまった。 あなたならどのような対応をしますか?

     

     

    そしてデリケートな問題は、

    不正が放置された場合に、あなたに起こる下記の葛藤です。
     Ⓐ もめごとがいやなので「黙って従う」

     Ⓑ 不正を正せない会社に見切りをつけ「退職する」
     Ⓒ 正義を貫き「会社/経営陣と戦う」

    そしてこの葛藤はしばらく続き苦しみますが、このどの行動にも正否はありません。

    (どの行動をしようが、誰もあなたを責めることは出来ないと言うことです)

     

    ▶不正が放置されるような会社は、

    Ⓐタイプの社員しかおらず自浄作用は機能しません。だから今後も不正が度々起こるはずです。

    そして、このような会社はいずれ存続の危機が訪れます。

    (オリンパスや東芝はこのような状態だったと思われます)

     

    ▶次に、このような会社であることを認識したあなたは、ⒷかⒸの葛藤が起こります。

    そして、”どうせ退職するなら会社と戦ってみるか” との思いが芽生え。

    不正を告発し経営陣と戦うことになります。

     

    「不正はこのような告発」や、「社会正義からくる告発」で発覚するのです。

    ※ 不正に多くの者が関わっていれば、告発を考えている者も多くなるのが必然です。

      だから組織的不正は発覚するのです。

     

    ここまで、いろいろと述べましたが、

    「不正の指示がなければ」このような葛藤をすることもありません。まさに災難です。

     

     

    では あなたが不正に加担すれば、どのようなことになると思われますか。

    (先にも述べましたが「不正はいつか発覚します」)

     

    不正を指示した上司と、不正を実行したあなたは、共に会社に対する背任行為で処罰を受けることになります。

    中には罪を逃れるために、上司はあなたに罪をなすり付けるかもしれません。

    また、刑事事件に発展すれば社会的制裁や法的処罰を受けることになります。

    このような状況になれば、家族にも大きな影響を与えることになります。

     

    こうならないためには「指示を拒否する」しかありません。

     

    個人として出来ることは不正に加担しないことです。

     

     

    ここまでに述べたことは、不正の対処に関することですが、

    最も重要なことは不正をさせないことです。

     

     次回は、”企業の「組織的不正」、防ぐには何が必要か”  についてお伝えします。

    組織的な不正は法令順守(知識や倫理の教育と啓発)だけでは防げません。
     不正を監視する仕組みの強化と、不正をさせない文化が必要です。
       では、その仕組みの強化や文化を作るには、... これが必要となります。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    REPs consul 西野 泰広

    repsBLOG1.jpg

    REPs Consultig HomePage

    ホームページにリンク
    URL:http://www.reps-consul.com/

    相談&問い合わせ メール
    blog.nishino■reps-consul.com

    注意) 表記のメールアドレスは迷惑メール対策を行っております。 アドレス■には@を入れて送信ください。


    相談サービス
    「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


    REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
    ワンタイムサポート 中小企業のCSM

    コラムにリンク  ⇩

    パールハーバーPD

     ブログランキングにご協力ください。

    ANALYZE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
      kakauなかじま
    • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
      みや

    links

    profile

    書いた記事数:97 最後に更新した日:2017/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM