http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

会社”存続の危機”は、「勧善懲悪」の構図から生まれる

0

    リスクマネジメントの専門家がお伝えします。

    「勧善懲悪(かんぜんちょうあく)」の構図とは。

     この四文字熟語の意味は、「善は栄え、悪は滅びる」倫理規範で、正義と悪の対決シーンがこの構図です。懲悪勧善と表現されることもありますが意味は同じです

     ”悪人を善人が懲らしめる” 日本人が好む典型的な構図で、時代劇はこのパターンです。

     

    この構図には、誰もが認める「悪役」と「正義」の存在が欠かせません。更にこの構図が鮮明であればあるほど社会の注目が集まり大きなムーブメントが起こります。

    そしてこの構図の恐ろしいことは、一旦転がりだせば止めることが容易ではないところです。

    (明白な結論が出るまで転がります)

     

    今年7月2日に行われた東京都議会選挙がこの構図でした。

    昨年7月31日に行われた都知事選を大差で勝利した小池都知事に対し、自民都連の議員は就任当時から敵意を露わに接するなど都民の民意を軽視した態度と、国政では安倍内閣の度重なる失態や暴挙で、自民党は「悪役」で小池都知事が率いる都民ファーストの会は「正義」、この ”善悪” の構図が鮮明となり自民党を懲らしめるムーブメントが起こり、結果は自民の大惨敗です。

     

    絶大な力を持った自民党でも正義を失えば惨敗すると言うことです。

    そして強力な力を持っている者との闘いは ”勧善懲悪の構図は鮮明に” 映ります。

     

    違った表現をすれば、風前の灯である民進党では起こりえない構図です。

    だから蓮舫党首の二重国籍問題などたいした話題にもなりませんでした。

    善にも悪にもなりえないほど存在感(力)がないからです。

    (蓮舫党首は7月27日に都議選敗北の責任をとり辞任しました)

     

     

    この構図、企業と社会の間でも時々起こります。

    それは企業が重大な不祥事を起こした場合、「企業が悪」で「善が社会(消費者)」の場合です。

    そして悪役となる企業の知名度が高ければ高いほど、 勧善懲悪の構図は鮮明になります。

     

    例えば、この事案です......  

     

    車のエアバッグ製造メーカーである「タカタ」が起こした、エアバックの異常破裂による死亡事故です。

    エアバックの世界市場シェア第3位(世界シェア 20%)のタカタは、世界が認める超優良メーカーでした。

     

    それがゆえに誰もが「信頼」していた製造メーカーの ”エアバックの欠陥を隠蔽する不祥事” は、社会に大きなインパクトを与えることになりました。

     

    信頼という「善」を自らみかぎる行為が、勧善懲悪の構図を鮮明にさせ、

    タカタは「悪」となり、欠陥を追求するアメリカ運輸省道路交通安全局(NHTSA)は「善」、この構図をより鮮明としたのです。

    2014年6月に問題が発覚、その後タカタを救う者は現れず、2017年7月に約1兆7000億円の負債を抱え倒産しました。

     

    この「善悪」の構図は企業にとって何一つ有利に働くことはありません。

    反論すればするほど疑惑は深まり、かえってこの構図を鮮明にします。

    だから不祥事を起こした企業は、当局の調査に対し「調査には積極的に協力する」と答えるのです。

    これは勧善懲悪の構図を不鮮明にさせるための常套手段じょうとうしゅだん)で、すべき印象操作です。

     

     

    事例となるか現時点では分かりませんが、「勧善懲悪」の構図が鮮明になりつつあるのが、安倍政権です。

    (自民党ではなく安倍政権です)

     ・印象操作と指摘しメディア批判を繰り返す安倍首相

     ・稲田大臣の資質が問われる数々の失態に寛大な安倍首相

       (7月28日稲田大臣は辞任しました)

     ・大臣の失言や暴言の頻発(今村大臣の暴言には、私は同情します)

     ・メディアの質問に度々不快感を表す菅官房長官の態度

     などで支持率は低下の一途です。

     

    そして、閉会中審査の事案である「加計学園の獣医学部新設に関する疑念」と「稲田防衛大臣の資料隠蔽の疑念」。

     

    これらに対し、安倍首相は度々「真摯に説明責任を果たす、丁寧に説明する」と述べていますが、審議中の答弁を見る限り都合の悪いことは「そのような記録はない」「記憶にない」と答え「正直に話す」姿勢や「誠実さ」はいまだ伝わってきません。

    これでは疑念が深まるばかりです。

     

    やましいことがなければ、野党が求める証人喚問に応じ疑念を晴らすのが自然な振る舞いですが、証人喚問に応じないとなれば「不都合な事が露呈するのを恐れている」と決定的な印象を国民に与えます。

    そして、この証人喚問への対応が ”安倍首相の「悪」”と ”疑念を追及する野党の「正義」” の構図を鮮明にさせるターニングポイントになると私は思っています。

     

     

    【悪を懲らしめるムーブメント】

    勧善懲悪の構図からムーブメントに至るには、強いエネルギー(強い怒り)が必要となります。

    これは慣性の法則にある慣性モーメントと同じで、静止している物体を動かすには非常に大きな力が必要になりますが、一旦動き出せばその後は小さな力を加えることで動き続けます。

    逆に動いているものを急に静止させようとすると、ここにも非常に大きな力が必要となります。

     

    勧善懲悪の構図からくるムーブメント場合、動いているものを急に静止させようとする強いエネルギーが起こらないのが一般的です。だから自然に停止するのを待つことになります。

    (結果的に明白な結論が出るまで転がるのです)

     

    この構図的ムーブメントから逃れるには、勧善懲悪の構図を鮮明にさせない初期対応がとても重要になります。(不信を募らせ失望感が高まる中で起こる失態。この失態への初期対応です。)

     

    <例えば>

    ・小池都知事に対する自民都連の場合

     敵対するのではなく都知事と協調関係を築くことで民意を尊重する姿勢が示せ、 ”善悪” の構図が鮮明になることはなかったと思います。

     

    ・タカタのエアバックであれば

     アメリカ運輸省道路交通安全局の欠陥追求に対し、”人命に係わる問題であり製品品質の真相解明に協力をお願いしたいと申し出れば” 違った結末になったのではないかと思われます。

     

    ・加計学園の疑念については

     野党が求める証人喚問に応じ疑念を晴らすしかありません。

     この疑念には「誰もが疑いを抱く言動があります」。そして厄介なことに、この言動が疑いを持たれてもしかたがない状況を作り出しています。(状況証拠から見れば「完全な黒」です)

     

    このような状況の中で「何もしていない」ことを明らかにする ” 理にかなう説明” など出来わけがありません。

    そして「何もしていないことを証明するのは非常に困難」です。いわゆる悪魔の証明だからです。

    (これ痴漢の冤罪が起こる構図にとてもよく似ていて、冤罪の証明が非常に困難であるのと同じです)

    この状況で、疑念を晴らすには証人喚問に応じるしかないのです。逃げれば逃げるほど追いかけられ益々不利な状況に陥ります。

     

     

    あなたならどのような初期対応を行いますか。

    当事者の立場になり考えてみて下さい。いろんな「事」が見えてきます。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    REPs consul 西野 泰広

    repsBLOG1.jpg

    REPs Consultig HomePage

    ホームページにリンク
    URL:http://www.reps-consul.com/

    相談&問い合わせ メール
    blog.nishino■reps-consul.com

    注意) 表記のメールアドレスは迷惑メール対策を行っております。 アドレス■には@を入れて送信ください。


    相談サービス
    「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


    REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
    ワンタイムサポート 中小企業のCSM

    コラムにリンク  ⇩

    パールハーバーPD

     ブログランキングにご協力ください。

    ANALYZE

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
      kakauなかじま
    • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
      みや

    links

    profile

    書いた記事数:97 最後に更新した日:2017/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM