http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

LCP、豪雨対応「見えない危険」から身を守る知識

0

    LCP、豪雨対応「見えない危険」から身を守る知識

    前回の、” LCP、豪雨「避難のタイミング」” は、「危機意識・知識・情報・個人事情」で決まるとお伝えしました。

    そして、その中でも最も重要なのは「危機意識」で、この危機意識が高まれば ”「知識」「情報」は自然と集まる” と伝えました。

      
    今回は、より安全な避難行動が行えるように ”豪雨対応の「見えない危険」” についてお伝えします。(この知識があれば人的被害は軽減できます。)

     

     

    2019年10月11〜12日に 東海 → 関東 → 東北 と通過した台風19号、この台風は記録的な大雨により各地に甚大な被害をもたらしました。

    特に、夜中に関東から東北を通過したことで、人的な被害が大きかったことが特徴です。

     

    そして私は、これを夜間の災害に対する教訓として活かさなければならないと思いました。(夜間の避難は「見えない危険」との戦いになります。だから昼間より危険が高いです。)

     

     

    ■ 豪雨から身を守るための知識

     < 見えない危険の回避 >

     

    ▶ 同じ場所にいても「危険は異なる」

    危険回避の行動は個人の自主的な意思で行うもので ”周りの様子” を伺いながら行動するものではありません。

    なぜなら、同じ場所でも個々の事情により危険は異なるからです。

     

    例えば、

    お年寄と若者では事情 判断力・動作・持続力など)が異なるため、同じタイミングでの避難とはなりません。(避難所に到着するまでのスピードが違います。)

    だから、周りが避難をしていないから「大丈夫」だとは言えません。

     

    当事者は、「周りの状況」と「置かれている個々の状態」を見ながら「危険」の判断をし、行動することが求められますが、この危険は、直接目にすることが出来ない危険です。

    このような目に見えない危険は、他にも沢山あります......


    LCP_豪雨への対応、最も難しいのは「避難のタイミング」

    0

      LCP_豪雨への対応、最も難しいのは「避難のタイミング」

       

      毎年、日本のどこかで起きている豪雨災害。大きな被害とともに逃げ遅れたことで亡くなられた方も少なくありません。

      悲運にも亡くなられた方のニュースを目にするたびに ”なぜ救えなかったのだろう、どうすれば救えたのだろうか” と考え込んでしまいます。

       

      突然発生する地震からのがれるのは困難かもしれませんが、高い確率で予測がつく「台風」や「大雨」からはのがれることができるはずです。

       

      今回は、どうすれば「のがれることが出来るのか」リスクマネージャーの目線でお伝えいたします。

       

      下記は近年起こった豪雨による災害です。

      2019年 台風15号・台風19号 関東直撃

      ・2019年10月11〜12日 台風19号(大雨による被害が大きかった)

      関東甲信地方、静岡県、新潟県、東北地方で豪雨となり過去最大の被害をもたらした。

      記録的な豪雨は各地で河川の氾濫と堤防決壊などの大規模な水害をもたらした。

      (堤防の決壊は71河川140か所、土砂災害884件、住宅被害8万2341棟、線路被害254路線、医療施設被害222施設、死者92人、行方不明3人など) 

       

      ・2019年9月5〜9日 台風15号(強風による被害が大きかった)

      千葉市で最大風速35.9メートル、最大瞬間風速57.5メートルを観測。
      1時間の降水量は、静岡県伊豆市天城山 109ミリ、東京都大島町大島 89ミリなど。
      (千葉県では強風による甚大な被害が発生。家被害は全壊198棟、半壊1958棟、一部破損33377棟 及び、大規模な停電と断水などが起こった)

       

      2018年6月28日〜7月8日 西日本豪雨

      西日本の岡山県、広島県、愛媛県、中部地方を中心に北海道も含めた広い範囲で記録的な大雨。

      11府県で大雨特別警報が発表。この間の総降水量は四国地方1800ミリ、中部地方1200ミリ、九州地方900ミリ、近畿地方600ミリ、中国地方500ミリを超えた。

      (死者224名、行方不明者8名、負傷者459名、住家全壊6758棟など)

       

      2017年7月5日〜6日 九州北部豪雨

      福岡県朝倉市(3時間で約400ミリ)など、筑後地方北部や佐賀県鳥栖市、大分県日田市などで1時間に100ミリを超える大雨。

      (福岡、大分の両県で死者40名、行方不明者2名、全壊336棟、半壊1140棟、床上浸水180棟、床下浸水1481棟など)

       

      2016年 東北・北海道豪雨

      8月17日〜23日の間に3つの台風が上陸。北海道南富良野市では堤防の決壊で大きな被害が出た。

      8月30日には、岩手県大船渡市に上陸した台風10号による豪雨で、岩泉町では1時間雨量が70ミリ、3時間雨量が138ミリとなった。

      また、北海道では8月29日〜31日までの雨量が日高山脈周辺で300ミリを超えた。

       

      2015年 関東・東北豪雨

      9月9日〜11日にかけて関東北部から東北南部を中心として24時間雨量が300ミリ以上の豪雨。

      茨城県常総市では鬼怒川が決壊し、死者12名、負傷者40名のほか浸水により全半壊家屋5000棟などの被害だ出た。

       

      2014年8月20日 広島豪雨

      8月19日〜20日 広島市を中心としたごく狭い範囲で集中豪雨が発生。
      3時間降水量は200ミリを超え、土石流107ヶ所、がけ崩れ59ヶ所が同時多発的に起こった。

      (死者74名、行方不明者8名、負傷者44名、住家全壊133、半壊297など)

       

      このように、毎年どこかで豪雨による大きな災害が起こっているのです。

      あなたの身近で、いつ起こっても不思議ではありません。

       

      では、豪雨への備えは 何をしなければならない のでしょうか......

      続きを読む >>

      1

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      REPs consul 西野 泰広

      repsBLOG1.jpg

      REPs Consultig HomePage

      ホームページにリンク
      URL:http://www.reps-consul.com/

      相談&問い合わせ メール
      blog.nishino■reps-consul.com

      注意) 表記のメールアドレスは迷惑メールの対策のために ”■” の表示をしています。 表記のアドレスに送信される場合は ■ を @ に変更し送信ください。


      相談サービス
      「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


      REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
      ワンタイムサポート 中小企業のCSM

      コラムにリンク  ⇩

      パールハーバーPD


       ランキングUPにご協力をお願いします。

       記事の内容に共感されましたら下記バナーのクリックをお願いいたします。👇


      人気ブログランキング

      ANALYZE

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 不正・不祥事 と 「経営者の心に取りつく呪縛」
        nanimono
      • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
        kakauなかじま
      • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
        みや

      links

      profile

      書いた記事数:125 最後に更新した日:2020/02/14

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM