http://reps-consul.jugem.jp/?mode=sitemap

「年金2000万円問題」 ”事の本質” はここにある

0

    「年金2000万円問題」 ”事の本質” はここにある

     

    金融庁の金融審議会市場ワーキンググループが2019年6月3日付の報告書「高齢社会における資産形成・管理(全56ページ)(通称:老後報告書)内に記述された「2000万円」が必要以上にフォーカスされ、各メディアが大きく取り上げたことで社会問題に至りました。

     

    そこで今回は、この「年金2000万円問題」の何が本質的な問題なのかを深堀します。

     

    まず最初に、上記の報告書には各メディアで取り上げられた、老後の生活には「約2000万円が必要」と明確には書かれていません。

    (単に平均値に基づく高齢者の家計の試算を示したものです)

    .....................................................................

    【報告書に書かれている内容】

    ・報告書の10Pに

    報告書の(2)収入・支出の状況で述べた、高齢夫婦無職世帯の平均的な姿で見ると、毎月の赤字額は約5万円となっている。
    この毎月の赤字額は自身が保有する金融資産より補填することとなる。


    ・報告書の16Pに

    老後の生活においては年金などの収入で 足らざる部分は、当然保有する金融資産から 取り崩していくこととなる。

    65 歳時点に おける金融資産の平均保有状況は、夫婦世帯、 単身男性、単身女性のそれぞれで、 2,252 万円、 1,552 万円、1,506 万円となっている。
    (2)で述べた収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20 年で約 1,300 万円、30 年で約 2,000 万円の取崩しが必要になる。


    ・報告書の21Pに

    夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ 20〜30 年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円〜2,000 万円になる。

    この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。
    .....................................................................
     

    このように、夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯の平均的な収入・支出の不足額は約5万円だと言っているのです。

     

    当然これは、老後どのような生活をするかによって変わってくるし。預金などの金融資産の状況によって、5万円の不足などなんだ問題ない世帯もあるはずです。

    そして、老後の生活資金が不足すると思われるのであれば ”資産寿命を延ばす工夫が必要” だと伝えているのです。

     

    「高齢社会における資産形成・管理」の報告書は、事実に基づき作成された「現状と課題がよく整理された報告書 」だと私は感じました。

    一部の専門家は ”個々の老後資金を平均値で語るな、誤解を招く” と叫んでいますが、具体的な数値がなければリアル感も危機感も生まれません。何も感じないような報告書であれば無いのと同じです。

    (個々によって大きく状況が異なる数値は平均値を用いて表現するしかありません)

     

    では、この「年金2000万円問題」の何が問題なのか......


    「不正・不祥事への対処」 経営陣に求められる行動は

    0

      「不正・不祥事への対処」 経営陣に求められる行動は

       

      初めに申し上げておきますが、不正・不祥事の多くは ”人の資質” により起きるものです。

      そして長期にわたり事業を運営していれば、不正・不祥事の事案の軽重は別として、いつか必ず遭遇します。

       

      この遭遇確率は、働く従業員の数が多くなればなるほど高くなります。

      そしてもう一つ、利益を得ようとすればするほど、これも高くなります。

      (これは長年リスクマネジメントの仕事に携わることで得られた体験です)

       

      これをシンプルに表現すれば、”少数の人員で運営し、利益も追求しない” このような運営方針でない限り不正・不祥事は起こると言うことになります。

       

      しかし、従業員の数は別として、利益を追求しない経営はありません。

      経営者の最大のミッションは利益の最大化ですが、この中に ”「適切な手法を用いて」利益の最大化を実現する” この言葉が隠れています。

       

      この「適切な手法」、これを阻害する甘言や誘惑があるのです。

      俗にいう「悪魔のささやき」です、この ”ささやき” と経営者は葛藤することになり、葛藤に敗れた経営者は不適切な手法に手を染めることになります。

      ここに人の資質や心理が大きくかかわってきます。だから不正や不祥事の防止は厄介なのです。

       

       

      では、不正や不祥事と向き合うことになる経営者には、どのような行動が求められるのでしょうか。

      求められる行動を大きく分ければ二つです。

       

      その二つとは......

       


      不正・不祥事の再発防止には「役割と権限と責任」の明確化が欠かせない

      0

        あなたの会社では役員管理職「役割」「権限」「責任」明確になっていますか?

        そして、それが社内で共有されていますか?

        (管理職であれば何だかの業務を管理する役割があるはずです)

         

        業務権限と役割の明確化が出来ていないなら

        その組織はただの人の集まりで、不正や不祥事が起こるのは必然です。

        むしろ、不正や不祥事が起こらないのが不思議です。

        なぜなら、権限と役割が不明確ということは、責任も不明確で責任に対する意識も低いからです。

         

         

         

        <組織とは、ある目的を達成するための集団です>

        そこには必ず個々に役割があります。

         

        そして、上司となる者には役割を成し遂げるために権限が与えられます。

        (部下に指揮命令ができる権限と、予算を使うことができる権限です)

         俗な言い方をすれば、「人」と「金」が与えられるのです。

         

        この権限と同時に、権限に応じた「責任」が発生します。

        役割が多ければ権限も大きくなり、当然ですがその責任も大きくなります。

         

        それと上司には、部下に指示をした業務を管理/チェックをする責任も生まれます。

        (業務の進捗とその方向性で、遅れやズレがあれば軌道修正する役割と責任です)

         

        では部下には、

        どのような「役割」と「権限」と「責任」があると思われますか。

        それは......


        災害時の避難行動は「正常性バイアス」がキーワード

        0

          7月上旬に西日本を襲った豪雨(西日本豪雨)では死者が200人を超え、いまだ多くの行方不明者の捜索が続けられています。

          なぜこのように多くの方が犠牲になったのか......

           それは、避難するタイミングが遅れたからです。

           

          今回は、災害に直面した場合に起こり、避難の ”タイミングを遅らす” 「人の心理」と「その対応」についてお伝えします。

          この心理は災害だけでなく、下記のような危機的な状況に直面すれば必ず起こります。

           

          日本に住む、あなたは多くの危険に取り囲まれています。

          日本のいたるところで起こる「自然災害」

           ・豪雨による河川の氾濫や山崩れ

           ・台風による高波や地震による津波

           ・火山噴火による火砕流、溶岩流、噴石など

           ・悪天候による山での遭難 

           ・地吹雪や暴風雪によるホワイトアウト

           など......

          企業の経営陣であれば、必ず社内で起こる「人災」

           ・不正や不祥事

           ・感染症によるパンデミック

           など...... 

           

          上記は、日本のどこで起こっても不思議ではありません。

          いや、毎年必ず起こるといってもいいくらいです。

          だから毎年 ”誰かが遭遇” しています。

           (明日は、あなたが遭遇するかもしれません)

           

          そして、上記のような危機的状況に直面すれば

          誰もが、心の奥に秘めた「正常性バイアス」が働きます。

           なぜなら正常性バイアスとは、人が持つ心理だからです。

          そしてこの心理、日本人には特に強く働く傾向があります。

           

          この正常性バイアスをコントロールすることができれば、危機的状況から ”逃れられる” 可能性が大幅に向上します。

          私も使っている ”正常性バイアスのコントロール方法” は......


          ロシアW杯 日本vsポーランド戦で起きた「時間稼ぎのパス回し」に、”コレ” を感じたあなたの感性はとても豊かだ

          0

            今回は、いつもと少し違った目線で物事を捉える「感性」についてお伝えします。

             感性とは、物事を受け入れる能力や感受性です。(感情、欲望、衝動なども感性の一つです)

            この感性は ”AIと人の差別化” に、なくてはならないビジネスパーソンの優位性を保つ武器になります。

             

            今回、感性を測る題材は、サッカー 2018 ロシアW杯、6月28日の日本vsポーランド戦をとりあげます。

            この試合は日本が0-1で敗れましたが、決勝トナメント進出(各組2位までが進出)を争うことになったセネガルも敗れたため、僅差で日本が(Hグループ2位で)決勝トナメント進出を決めました。

             

            ここで質問です、

            あなたは試合終了前に行われた「10分間にもおよぶ時間稼ぎのパス回し」この行為に、何を感じましたか。

             

            日本は0-1とポーランドに1点負けているにもかかわらず、決勝トナメント進出のため「時間稼ぎのパス回しをおこない」、攻撃をしませんでした。この行為に対し、賛否両論の議論が飛びかっています。

             <僅差の詳細>

              (1) 全試合での勝点、

              (2) 全試合での得失点、

              (3) 全試合での総得点、
              (4) 当該チーム同士の対戦における勝点
              (5) 当該チーム同士の対戦における得失点
              (6) 当該チーム同士の対戦における得点

              なんとここまでは、日本とセネガルは全て同じでした。

              2位を決めたのは下記のポイントでした。

              (7) フェアプレーポイントの少ない順(3試合の合計)

                ・イエローカード:1ポイント
                ・イエローカード累積での退場:3ポイント
                ・レッドカード一発退場:4ポイント
                ・イエローカード+レッドカード一発退場:5ポイント

              日本は「4ポイント」、セネガルは「6ポイント」で、日本が上回り決勝トナメント進出を決めました。

              このフェアプレーポイントも同じであれば、次は「クジ引き」だったそうです。

             

            この ”時間稼ぎのパス回しを見て” あなたが「〇〇が必要」だと感じたなら......

            続きを読む >>


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            REPs consul 西野 泰広

            repsBLOG1.jpg

            REPs Consultig HomePage

            ホームページにリンク
            URL:http://www.reps-consul.com/

            相談&問い合わせ メール
            blog.nishino■reps-consul.com

            注意) 表記のメールアドレスは迷惑メールの対策のために ”■” の表示をしています。 表記のアドレスに送信される場合は ■ を @ に変更し送信ください。


            相談サービス
            「ご相談」や「ご質問」はこちらをご覧ください。


            REPsコンサルティング 苦情・クレーム相談
            ワンタイムサポート 中小企業のCSM

            コラムにリンク  ⇩

            パールハーバーPD


             ランキングUPにご協力をお願いします。

             記事の内容に共感されましたら下記バナーのクリックをお願いいたします。👇


            人気ブログランキング

            ANALYZE

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 不正・不祥事 と 「経営者の心に取りつく呪縛」
              nanimono
            • 2017年 企業不祥事の予測は 「高止まり」 です。 この予測は的中する?
              kakauなかじま
            • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
              みや

            links

            profile

            書いた記事数:118 最後に更新した日:2019/07/14

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM